【英語学習】3分で覚える「make a difference to」の意味と使い方

英語学習
さや
さや

こんにちは、ロンドンとニューヨークへの留学経験があるさや@sayablog1)です!

今日は、英語フレーズmake a difference toについて紹介します。

ネイティブの中でもよく使われる表現なので、ぜひ参考にしてくださいね!

make a difference to の意味と使い方

さや
さや

make a difference to は、「影響(変化)を及ぼす」という意味になります。

例えば、

make a difference to one’s health

健康に影響を及ぼす

make a difference to someone economically

(人に)経済的な影響を及ぼす

という感じですね。

ちなみに、make a difference だけでも使用することもできます。

例えば、

make a difference in life of someone

誰かの人生に影響を及ぼす

make a difference in quality

品質に影響を及ぼす

という感じになります。

make a difference to の例文

さや
さや

では、早速例文を見ていきましょう!

Ben made a big difference in my life.

ベンは私の人生に大きな影響を与えた

Celebrities  make a difference in the world.

有名人は世界に変化を与える

Celebrity:有名人

It would not make a difference.

それは大きな変化を与えないだろう

The strategy should make a huge difference in the long run.

in the long run:長期的に

長期的に見れば、その戦略は大きな違いが生まれるはずだ

The advertisement would make a big difference to the outcome.

その広告は結果に大きな違いをもたらすだろう

 outcome:結果