【英語学習】3分で覚える「organize」の意味と使い方

英語学習
さや
さや

こんにちは、ロンドンとニューヨークへの留学経験があるさや@sayablog1)です。

今日は、英語フレーズ「don’t have to」について紹介します。

ネイティブの中でもよく使われる表現なので、ぜひ参考にしてくださいね!

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

don’t have to の意味と使い方

さや
さや

don’t have to は「~する必要はない、~しなくて良い」という意味になります。

似た英語表現に、

You don’t need ~

~する必要はない。

がありますが、don’t have to の意味とは少しニュアンスが異なります。

例えば、

You don’t need to clean up.

掃除をする必要はないよ(だって元々キレイな部屋だから)

You don’t have to clean up.

掃除をする必要はないよ。(だって部屋を綺麗にする義務が無い)

という感じです。

この何となくニュアンスの違いが分かりますか?

You don’t have to の表現には『義務』のニュアンスが含まれているんです。

初めのうちは混乱するかもしれませんが、覚えておきましょう!

don’t have to の例文

さや
さや

では早速例文を見ていきましょう!

You don’t have to come to the airport to see me off.

見送りに空港まで来なくても大丈夫だよ。

see off:見送る

You don’t have to rush because we’re already late.

急ぐ必要はないよ、だってすでに遅刻してるんだもん。

rush:急ぐ

You don’t have to tell everything because it could hurt him.

彼を傷つける可能性があるから全てを伝える必要はないよ。

Hurt:傷つける

If you don’t want to eat it, you don’t have to.

もし食べたく無いなら食べる必要はないよ。

You don’t have to rush to give answer if you don’t make a decision yet.

まだ決断できていないなら、急いで答える必要はないよ。

make a decision:決断する