【英語学習】3分で覚える「should have」の意味と使い方

英語学習
さや
さや

こんにちは、ロンドンとニューヨークへの留学経験があるさや@sayablog1)です。

今日は、英語フレーズ「should have」について紹介します。

ネイティブの中でもよく使われる表現なので、ぜひ参考にしてくださいね!

should have の意味と使い方

さや
さや

should have は、「~しておけば良かった」という意味になります。

いわゆる後悔ってやつですね。

ちなみに、

should have は過去分詞になるので、後に動詞の過去分詞が続きます。

たとえば、

should have got up early

早く起きれば良かった

should have took some pictures

写真を撮影しておくべきだった

などですね。

ちなみに、You や He など自分以外の人が主語になる時は少し批判的な意味になります。

主語に何を置くかで、ニュアンスが少し異なるので注意して使いましょうね。

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

should have の例文

さや
さや

では早速例文を見ていきましょう!

I should have come to Thailand earlier.

もっと早くタイに来れば良かった。

I should have saved more money before graduating the college.

大学を卒業する前にもっとお金を貯めるべきだった。

save money:お金を貯める

I should have taken a parka because it was very colder than I expected.

予想以上に寒かったのでパーカを持って来れば良かった。

than I expected:予想以上に

I should have learned English and then I wouldn’t struggle with communication.

もっと英語を勉強しておけば良かった。そうすればコミュニケーションで苦労しなかったかもしれない。

struggle:苦労する

You shouldn’t have follow him.

あなたは彼について行くべきではなかった。

follow:着いて行く