【英語学習】3分で覚える「put the burden on」の意味と使い方

英語学習
さや
さや

こんにちは、ロンドンとニューヨークへの留学経験があるさや@sayablog1)です。

今日は、英語フレーズ「put the burden on」について紹介します。

ネイティブの中でもよく使われる表現なので、ぜひ参考にしてくださいね!

put the burden on の意味と使い方

さや
さや

put the burden on は、「~に負担をかける、重荷になる」という意味になります。

on の後にくる対象物は、人でも物でも使えます。

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

put the burden on の例文

さや
さや

では早速例文を見ていきましょう!

I don’t want to put the burden on my parents.

私は両親に負担をかけたくない。

This project would put the burden on Ben because there are few people.

このプロジェクトには関わる人が少ないからベンに負担をかけるだろう。

fewer people:人が少ない

We’re going to divide our task as It should be able to put the burden on him.

彼の重荷になるから仕事を振り分けよう。

divide one’s task:仕事を振り分ける

Every time behind schedule, it puts the burden on her work.

スケジュールが遅れる度に、彼女の仕事に負担がかかる。

every time :~する度に

The boss gave lots of tasks to put the burden on me on purpose.

上司は私に負担をかけるためにわざと大量の仕事を指示してきた。

on purpose:わざと