【英語学習:フレーズ】3分で覚える「come across as」の意味と使い方

英語学習

さや
さや

こんにちは、ロンドンとニューヨークへの留学経験があるさや@sayablog1)です。

今回は、フレーズ「come across as」について紹介したいと思います。

ネイティブの中でもよく使われる表現なので、ぜひ参考にしてくださいね!

come across as の意味と使い方

さや
さや

come across as は、『性格や特徴が~のように見える、印象を受ける』という意味があります。

性格を表す英語表現でいうと、

  • come across as shy
  • come across as a rich man
  • come across as picky

という感じですね。

ただ、注意点としては、

『性格や特徴が~に見えるけど、実は~だ』

というパターンになる事も多いです。

なので、but とセットで使う事もよくあるので覚えておきましょう。

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

come across as の例文

さや
さや

では早速例文を見ていきましょう!

He came across as a little angry.

彼が少し怒ってる印象を受けた。

Ben always comes across as honest.

ベンはいつも正直な印象だわ。

honest:正直

She comes across as picky but she really didn’t so.

彼女は選り好みに見えるけど実際はそうじゃないんだよね。

picky:選り好み

He comes across as shy but he is really sociable.

彼はシャイに見えるけど実は社交的なんだよ。

sociable:社交的

That man comes across as a bit of being rude but actually he doesn’t.

あの男性はちょっと失礼な印象を受けるけれど、実はそうじゃないんだよ。