【英語学習:動詞】3分で覚える「skip」の意味と使い方

英語学習
さや
さや

こんにちは、ロンドンとニューヨークへの留学経験があるさや@sayablog1)です。

今日は、英語フレーズ「skip」について紹介します。

ネイティブの中でもよく使われる表現なので、ぜひ参考にしてくださいね!

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

skip の意味と使い方

さや
さや

skip の意味は「サボる、すっぽかす」です。

とても便利なフレーズで、

  • 授業
  • 会議
  • デート

など色んな場面で使える表現になります。

ただし、注意点があるのです!!

skip はいつも『サボる』という意味になるわけではありません。

たとえば、

I skipped work to go out with my boyfriend.

彼氏とデートするために仕事サボちゃった。

I skipped to work because of sick.

風邪だから仕事を休んだんだ。

などなど『サボる』という点では同じですが、ニュアンスが違いますよね。

前後の意味合いで判断しないといけないので注意しましょうね。

skip の例文

さや
さや

では早速例文を見ていきましょう!

Just skip it, The meeting every morning is meaningless.

サボっちゃえば?だって毎朝の会議って無意味なんだもん。

meaningless:無意味な

I want to skip the business dinner with my boss because I can’t get back home early.

早く帰れないから上司との夕食会はサボりたい。

business dinner:会食

My mother doesn’t let me skip my class.

母は絶対授業をサボらせてくれない。

I sometimes feel that want to skip my job every time I’m full of stress. 

ストレスが溜まるたびに仕事をサボりたい気持ちになる。

every time:~するたびに

I skipped breakfast today.

今日は朝食を抜いたんだ。

※skip は朝食を抜く時にも使えます。