【英語学習:フレーズ】3分で覚える「further information」の意味と使い方

英語学習

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら
さや
さや

こんにちは、ロンドンとニューヨークへの留学経験があるさや@sayablog1)です。

今日は、英語フレーズ「further information」について紹介します。

ネイティブの中でもよく使われる表現なので、ぜひ参考にしてくださいね!

further informationの意味と使い方

さや
さや

further informationの意味は、「さらに詳しい情報」になります。

ビジネスのシーンでよく使われる表現なので、覚えておくと役立ちフレーズです。

例文に行く前に少し分解して説明すると、

further=far の比較級

「より遠くへ、もっと先に」という意味があります。

実は far の比較級には、

  • further 
  • farther 

の2つがあるんです。

そして、ニュアンスの違いとしては、

  • further:非物理的な距離
  • farther:物理的な距離

という感じです。

例を挙げると、

I don’t discuss about this any further.

これ以上討論したくない。

I want to improve English further.

もっと英語を上達させたい。

They moved farther away from the station.

彼らは駅からさらに遠くへ引っ越した。

move a little further back

もう少し後ろに下がってください

という感じです。

そして、話を本題に戻すと、

further information =さらなる情報

ということになるんですね。

なんとなくでも意味が分かってきたのではないでしょうか。

Let’s go further ahead!

further information の例文

さや
さや

では早速例文を見ていきましょう!

Let me know if you want any further information.

もしさらに情報が必要な時は連絡してね。

Let me know:知らせる

We have to get further information.

さらなる情報を集めないといけない。

I’ll let you know if I could get further information.

さらに情報を得られたら連絡させていただきます。

Should you require further information, please contact me.

さらなる情報が必要な場合は私に連絡してください。

Should you:あなたがもし~ならば

I’ll contact him for further information.

詳細については彼に連絡しますね。

for further information:さらなる情報については