【英語学習:フレーズ】3分で覚える「on board」の意味と使い方

英語学習

さや
さや

こんにちは、ロンドンとニューヨークへの留学経験があるさや@sayablog1)です。

今回は、フレーズ「on board」について紹介したいと思います。

ネイティブの中でもよく使われる表現なので、ぜひ参考にしてくださいね!

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

on board の意味と使い方

さや
さや

on board は、「乗り物に乗って、搭乗する」という意味です。

このフレーズを分けて考えると、

  • on:~の上に
  • board:板

直訳すると「板の上」になります。

なので、誰かが 乗っている状況を表現することができるんですね。

ちなみに、

ビジネスで使う場合は「~に加わる、参加する」の意味でよく使われます。

たとえば、

A:We don’t have enough people on project.

(プロジェクトに十分な人手が足りない。)

B:I’m on board.

(私参加しますよ。)

ですね。

このまま使えるので覚えておきましょう!

on board 例文

さや
さや

では早速例文を見ていきましょう!

How many people are on board?

どれくらい乗客が乗ってるの?

That plane is no passenger on board.

あの飛行機には乗客は乗っていない。

※passenger は、「乗客」の意味になります。

Not yet on board.

まだ積んでないよ。

※Not yet は、「今のところ~まだない」という意味になります。

Do you know where to go on board ship?

船に乗る場所を知ってる?

※where to は、「どこで~すべきか」という意味になります。

Get on board ahead. I’ll buy something to eat on board.

先に乗ってて。機内で食べれる物を買ってくるね。

ベルリッツ