【英語学習:フレーズ】3分で覚える「one after another」の意味と使い方

英語学習

さや
さや

こんにちは、ロンドンとニューヨークへの留学経験があるさや@sayablog1)です。

今回は、フレーズjust beforeについて紹介したいと思います。

ネイティブの中でもよく使われる表現なので、ぜひ参考にしてくださいね!

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

one after another の意味と使い方

さや
さや

one after another には、「続々と、相次いで」の意味があります。

絶え間なく続いていく感じで、連続性をイメージさせるニュアンスがあります。

たとえば、

My friends is getting married one after another.

友達が次々と結婚していく。

ですね。

これは one after another を使う事で、結婚ラッシュをイメージさせることができます。

その他に例を挙げると、

I had one phone call after another.

電話に出ずっぱりだった。

もありますが、これもずっーと電話対応に追われていることが分かりますよね。

one after another を使う時は、連続性を頭に入れて使うと分かりやすいかもしれませんね。

one after another の例文

さや
さや

では早速例文を見ていきましょう。

it goes bankrupt one company after another.

会社が次から次へと倒産していった。

※ goes bankrupt は、「倒産する」の意味があります。

He smokes one cigarette after another.

彼は次から次とタバコを吸っている。

Ben can drink one beer after another.

ベンは次々にビールを飲むことが出来る。

Her son told one lie after another.

彼女の息子は次々に嘘を重ねた。

It happens one problem after another in company.

会社で次々と問題が起こっている。