【英語学習:フレーズ】3分で覚える「on behalf of」の意味と使い方

英語学習

さや
さや

こんにちは、ロンドンとニューヨークへの留学経験があるさや@sayablog1)です。

今回は、フレーズ「on behalf of」について紹介したいと思います。

ネイティブの中でもよく使われる表現なので、ぜひ参考にしてくださいね!

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

on behalf of の意味と使い方

さや
さや

on behalf of は、「~に代わって、~の代表で」の意味になります。

たとえば、

I bought a bread on behalf of my friend.

友達の代わりにパンを買った。

I call him on behalf of my boss.

上司の代わりに彼に電話する。

という感じです。 

また、on behalf of はビジネスの場でもよく使われる表現なので覚えておくと便利です。

たとえば、

I’m writing on behalf of 〇〇 ~

〇〇氏の代理で書いていますが、

I’m replying on behalf of 〇〇 ~

〇〇氏の代理で返答させていただきますが、

のように使えます。

on behalf of の例文

さや
さや

早速例文を見ていきましょう!

I will answer it on behalf of him.

(彼に代わって私がお答えします。)

Ben received a trophy on behalf of a team.

(ベンはチームを代表してトロフィを受け取った。)

I will apologize you on behalf of our company.

(会社を代表して謝罪します。)

I deal with that problem on behalf of person in charge.

(担当者の代わりに問題を対処します。)

Can I handle it on behalf of him?

(彼の代わりに私が対応してもいいですか?)

on behalf of と instead of の違い

どちらも「~に代わって」の意味なのですが、後に続く言葉が異なります。

簡単にいうと、

  • on behalf of の後には(人)
  • instead of の後には(物)

の違いです。

例を挙げると、

I use the chicken instead of beaf for curry.

カレーに牛肉じゃなくて鶏肉を使った。

I attended the party on behalf of my boss.

上司の代わりにパーティに参加した。

などがあります。

on behalf of と instead of は明確に違いがあるので、使う時は気をつけましょうね。