【体験談】海外で外国人の友達を作る方法を紹介!実行あるのみです

留学

こんにちは、さや(@sayablog1)です。

私はこれまで、

  • 2019年1月から2ヶ月間のニューヨーク留学
  • 2012年から1年間のロンドン留学

の留学経験がありますが、その中で感じた事は外国人の友達を作る重要性です。

もちろん言葉の壁もあるので現地で友達を作るのは簡単ではありませんが、

外国人の友達を作る事で得られるメリットはたくさんあります。

そこで今回は、現地で友達を作る方法を紹介したいと思います。

人によって合う合わないがあると思うので、自分に合った方法を見つけてくださいね^^

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

海外で外国人の友達を作るメリット


英語が上達する

海外で友達を作るメリットは、何と言っても英語が上達することに尽きるかなと思います。

しかも学校で習うような英語ではなく、現地の生きた英語を身につけられます。

なので、語学留学であれば、学校以外でも楽しみながら英語を学べるということですね。

特にスピーキングは英語を話さないと決して伸びる事はありません。

さや
さや

英語で何て言うんだっけ?

っていう事も出てくると思いますが、このように疑問を持つことが大事なんです。

そして、

疑問→調べる→話す

これを何度も繰り返すのが英語を上達させる一番の方法です。

最初は大変かもしれませんが、地道にでもこれを繰り返してみましょう。

友達の輪を広げられる

海外で友達が出来れば、友達の輪をどんどん広げられることができます。

友達を通して異なる文化や価値観を知れますし、新情報を手に入れられる可能性だってあります。

特に海外は人脈を重要視している事もあり、

「友達の紹介で仕事を紹介してもらえた」

なんて事もよく聞く話です。

もちろんそれだけを目当てに友達を作るのはよくありませんが、困った時に助けになってくれる事は間違いありません。

また、帰国後にも連絡を取り合う事で、日本にいながら自然と英語を使う環境も作れます。

お互いの国を行き来し合って、長期的な関係を構築することを目指してみましょう。

考え方や価値観が広がる

外国人の友達を作ることで、考え方や価値観が広がる事も大きなメリットのひとつだといえます。

特に日本は保守的な考え方を持つ人が多いので、レールから外れることを極端に嫌います。

でも人が育ってきた環境はそれぞれ違うので、考え方や価値観が異なるのは当たり前なんです。

日本にいるとどうしても日本の価値観に染まってしまいがちですが、自分に素直に自由に生きる外国人と話すことで、

自分に正直になっていいんだ!

って思わせてくれるんです。

最終的に答えを出すのは自分で、自分で出した答えに自信を持つことの大切さを教えてくれます。

外国の考え方が全て正しいわけではありませんが、迷った時に選択肢が多い方が人生が豊かになるなと感じます。

海外で外国人の友達を作る方法


シェアハウスに住む

私が留学先で実際に行動して良かったと感じたのは、外国人とのシェアハウスに住んだことです。

当初はやはり不安だったので日本人と一緒に住む方が安心だったのですが、

プライベートでも英語を使う環境にしたくて、途中で外国人が住んでいるシェアハウスに引越しをしました。

もちろん最初は言葉の壁につまずいて大変だなと感じる事も多かったのですが、

その一方で英語が上達しているなと実感できたのも事実です。

一緒に住む人との相性もあるので、「ただ一緒に住んでるだけの間柄」になる事もあります。

なので、内見する時にどんな人が住んでいるのか大家さんに確認することがおすすめです。

もし可能であれば、ハウスメイトと直接話す機会を作るのがベストでしょう。

語学学校に通う

留学は、語学学校や大学に必ず行かなければいけないというわけではありません。

でも語学学校に行くことで、友達ができやすくなりますよ。

特に語学学校のグループレッスンの場合は、自分と同じ英語力を持つ人が集まっています。

しかも語学学校には英語を伸ばしたいと考える人が集まってるので、プライベートも積極的に英語を話したい人も多いです。

なので、仲良くなりやすいんですよね。

毎日一緒に英語を勉強する事で仲良くなるきっかけもたくさんあるので、短期でもまずは語学学校に通ってみるのがおすすめです。

マッチングアプリを使う

マッチングアプリを使って友達を探すのもひとつの方法です。

海外では多くの人が恋人や結婚相手をマッチングアプリを使って探しています。

本来の目的から少し外れてしまいますが、友達を見つける感覚でマッチングアプリを使ってみるのはいかがでしょうか。

もちろん理想の相手が見つかれば、付き合ってみるのもアリですよね。

パートナーが外国人だとコミュニケーションは全て英語になるので、必然的に英語が上達します。

日本では少し如何わしいイメージがありますが、海外では一般的に利用されています。

トラブルに巻き込まれないように自分で身を守る必要はありますが、

交友関係を広げる意味でも積極的に使ってみることをおすすめします。

外国人と上手に付き合う時の注意点


YES/NOをはっきり伝える

海外の人は「空気を読む」という事はしないので、曖昧な表現はなるべく避けましょう。

曖昧な表現とは、YES/NOがはっきりしていない言い回しのことです。

日本人は相手のことを傷つけないための配慮で、曖昧な表現を選ぶことが多いですよね。

それは日本の素晴らしい文化なのですが、外国人には一切通用しません。

逆に、

さや
さや

何が言いたいんだろう?

と相手を混乱させて撓う場合も多いです。

相手を傷つけないための配慮をした上で、ストレートに伝えることを意識しましょう。

価値観が違うことを理解する

外国人と一緒に時間を過ごしていると、日本との価値観の差に驚くことが多いです。

これがまさしくカルチャーショックです

たとえば、

外国人と待ち合わせをしている場合、ほとんどの人は時間通りに来ません。

なので、5分前行動を良しとする日本人にとってはイライラする事も多いんですよね。

まあ全員に該当するわけではなく、外国人の性格にもよるんですが、

日本の常識を基準に考えてしまうと、そのギャップにイライラする事も多くなってしまうので、

日本と海外では価値観や文化が違うという事をまずは理解することが大切です。

そして、もしどうしても許せない事が起きたら、それは我慢せずにちゃんと相手に伝えましょう。

どちらか一方が我慢している関係性はいつか崩れてしまいます。

日本人が不得意とする部分ですが、自分の気持ちを伝えるのが大事ですよ。

スラングには気をつける

外国人と長く一緒にいると、その人の口癖が無意識のうちに似てくる場合があります。

もし一緒に遊ぶ外国人がスラングをよく使っているようであれば、注意が必要かもしれません。

なぜなら、英語の言い回しでその人の印象が決まってしまうからです。

もちろん場にふさわしい英語を使えるレベルであれば全く問題ないのですが、慣れた表現はついポロッと出てしまう事も多いですよね。

スラングはくだけた表現になるので、目上の人に使うのはあまりよくありません。

初めのうちはスラングとも分からずに使っている事も多いと思いますが、なるべく綺麗な言葉を身に付けるようにしましょう。

まとめ

外国人と友達なることで得られるメリットはたくさんあります。

英語はもちろんのこと、考え方や価値観も異なるので勉強になる事は本当に多いです。

日本にいると日本の基準で物事を考えてしまいがちですが、海外という新たな視点で判断できるのは選択肢を広げることにも繋がります。

初めは躊躇するかもしれませんが、積極的に話しかけて友達を作ってみる事がおすすめです^^