【英語学習:句動詞】3分で覚える「come up with」の意味と使い方

英語学習

さや
さや

こんにちは、ロンドンとニューヨークへの留学経験があるさや@sayablog1)です。

今回は、come up withの意味と使い方を紹介したいと思います。

海外でもよく使われるので、ぜひ参考にしてくださいね!

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

句動詞とは

さや
さや

そもそも句動詞って知ってる?

句動詞は英語でいうPhrasal verbのことで、

  • 「動詞+副詞」
  • 「動詞+(副詞)+前置詞」

などで構成された熟語のことです。

日本だとあまり馴染みがないかもしれませんが、海外ではよく使用されます。表現力もアップするので、ぜひ覚えておきたい英語の一つです。

文法から理解するのも大事ですが、私はまず熟語を感覚で覚えることが大切だと感じるので文法の説明は省きますね。

もしちゃんと理解したいという方は、ぜひ「総合英語Forest 7th Edition」「総合英語 Evergreen」で確認することをおすすめします。

英語の参考書に関する記事はここから確認してくださいね。

では、早速意味と使い方から確認していきましょう。

come up with の意味と使い方

さや
さや

come up withにはいくつか意味があるのですが、一番代表的なものは「思い付く」です。

たとえば、

I come up with some ideas.

いくつかアイデアが思いついたよ。

ですね。

また、「思い付く」の派生で「見つける」というニュアンスが含まれることがあります。

Findと同義語ですね。

たとえば、

I have to come up with the better way.

解決策を見つけなければいけない。

という感じです。

残念ながらどちらの意味かは前後の文脈で判断するしかありません。

なので、両方の意味を持つことを覚えておきましょうね。

では次に例文を確認していきます。

come up with の例文

さや
さや

早速例文を見ていきましょう!

I finally come up with an idea.


やっとアイデアが思い付いたよ。

Please let me know by e-mail what you come up with.


あなたが思い付いたことをメールで知らせてくれる?

Ben is always thinking to come up with a better plan for his company.


ベンは会社の利益のためにより良い計画を見つけようとしている。

They come up with a good idea to clean a sea very quickly.


彼らは海を綺麗にする方法を思い付いた。

 How did you come up with this idea.


どうやってこのアイデアを思い付いたの?

応用編


come up with は、「思い付く、見つける」以外にも意味があるんです。

ここからは come up with の他の意味を紹介していきますね。

追い付く

一つ目は「追い付く」です。

追い付くと聞くと、

さや
さや

catch up with じゃないの?

って思っちゃうと思いますが、実はcome up with にも同じ意味があるんです。

たとえば、

I’ll come up with you guys.

すぐに追い付くよ。

ですね。

少し混乱してしまいそうになりますが、同義語で使って大丈夫ですよ。

提案する

二つ目は「(計画や考えを)提案する」です。

propose と似た表現になります。

たとえば、

She came up with some suggestion foe new project.

彼女は新しいプロジェクトのためにいくつか企画を提案した。

ですね。

「思い付く」の意味の派生になるので、「新しい企画や考えを提案する」のニュアンスになります。

工面する

三つ目は「工面する」です。

ただcome up with が意味する「工面」は、主にお金のことを指しています。

たとえば、

I couldn’t come up with money for new car.

新車を買うためのお金を工面できなかった。

ですね。

「やっとの思いでお金をかき集めた」というニュアンスになります。

おすすめ記事

【英語学習:フレーズ】3分で覚える「on the go」の意味と使い方

【英語学習:フレーズ】3分で覚える「I’m sorry」の意味と使い方

【英語学習:句動詞】3分で覚える「take A for B」の意味と使い方

この画像には alt 属性が指定されていません