【英語学習:フレーズ】3分で覚える「That’s not point」の意味と使い方

英語学習

こんにちは、さや(@sayablog1)です。

さや
さや

スピーキングを上達させるには、どうすればいいの?

こんな悩みはありませんか?

特に、英語のレベルが中級者に多い悩みだと思います。

中級者であれば基本的な知識はあるはずなので、あとは新しいフレーズを覚えるのがスピーキング上達の一番の近道です。

今回は、フレーズ「That’s not point」について紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね!

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

中級者の上達が難しい理由

新しいフレーズを覚える前に、なぜ中級者の上達が難しいのかお話したいと思います。

もしすぐに意味や使い方を知りたいと言う人は、次の段落に進んでくださいね。

さて、これは世間的にも言われていることですが、中級者から上級者にレベルアップする時期が精神的に一番辛いと言われています。

その理由としては、初心者から中級者より成果が見えにくいからです。

結論から言うと、スピーキングを上達させる方法は2つあります。

1つ目は、

さや
さや

まずは、話してみて英語に慣れること。

まずは、話してみて英語に慣れること。

初めは英語がなかなか出てこない事もあるかもしれませんが、続ければ必ず英語を話すことに慣れてきます。

欲を言うなら、話し相手はネイティブがいいかもしれません。

スピーキングと一緒にリスニングも鍛えられるので、一石二鳥ですよ。

2つ目は、

さや
さや

私しいフレーズを覚えること。

私しいフレーズを覚えること。

これまで得た知識の中でも十分会話は成り立つかもしれませんが、新しいフレーズを覚えることで表現力が増します。

新しいフレーズを増やした後は、実際にそれを会話で使って自分のモノにしましょう!

That’s not pointの意味と使い方

さや
さや

That’s not point は、「そういう問題じゃない」という意味があります。

Point は「問題や話の要点」の意味ですよね。

なので、

「的外れだよ」とか

「肝心なのはそこじゃない」

などと言いたい時に使えるフレーズになります。

ネイティブの間でもよく使われるので、覚えておくと大変便利ですよ。

That’s not pointの例文

さや
さや

では早速例文を見ていきましょう!

例文 1

A:Why are you angry with me?

なんで怒ってるの?

B:Nothing…

別に

A: Maybe about last night. I apologize to you.

多分昨夜のことだよね。謝るよ。

B:That’s not point. 

そういう問題じゃない!

例文 2

A:My children keep breaking the dishes.

子供たちが次々と皿を壊すのよ

B:We can buy new ones.

新しい皿を買えばいいんじゃない?

A:That’s not point! We need to teach them to be more careful.

そういう問題じゃないでしょ。私たちがもっと注意するように教えないと。

例文 3

A:This kitty is very cute. I want to have it.

この子猫凄く可愛い!買おうよ!

B:It’s not allowed to have the pet in my apartment. 

マンションでペットは飼えないんだよ。 

A:Why? We have to have it secretly.

なんで?内緒で買っちゃえばいいよ。

B:That’s not point. We have to keep the rules.

そういう問題じゃないよ。ルールは守らないとね。

応用編

応用①:There’s no point in ~ing

さや
さや

直訳すると「~する意味がない」になるのですが、それが変化して「~してもしょうがない」という表現で使われています。

たとえば、

There’s no point in rushing.

急いでもしょうがない。

There’s no point in waiting here.

ここで待ってても無駄だよ

There’s no point in doing it.

そんなことしても無駄に決まってる。

応用②:What’s the point

さや
さや

「何が言いたいの?」の意味があります。

言い方にもよりますが、相手を責める表現にもなるので使い方には注意が必要です。

たとえば、

A:Are you going to make a presentation today?

今日プレゼンテーションをするの?

B:Yes, I’m so nervous.

そうだよ、凄く緊張するよ。

A:How is the boss’s mood?

ボスの機嫌はどう?

B:What’s the point?

何が言いたいの?

A:The result is influenced by his mood.

彼の機嫌で結果が変わるからね

応用③:Straight to the point

さや
さや

「単刀直入に」の意味があります。

Straightは「まっすぐ」の意味なので、直訳すると「要点までまっすぐ」になるんですね。

こちらの表現もネイティブの間でとても使われています。

たとえば、

I’ll come straight to the point.

単刀直入にいいます。

You had better straight to the point.

単刀直入にいった方がいい。

Let’s going straight to the main point of subject.

早速本題に入りましょう。

などですね。

これらのフレーズをたくさん使って自分のものにしてくださいね^^