販売終了した英語参考書ForestとEvergreenについて徹底解説

英語学習

こんにちは、さや(@sayablog1)です。

さや
さや

英語の参考書はどれを買えばいいの?

こんな悩みはありませんか?

ちなみに私はForest/フォレストを使用しています。

英語学習をしているのであれば、すでにフォレストを持っている方も多いかも知れませんね。

でも残念ながら、総合英語Forest 7th Edition にて販売終了してしまったんです。

もちろん大型書店やアマゾンなど在庫がある書店であればまだ販売しているケースもあります。

どうしてもフォレストが欲しい方は、ぜひ探してみましょう。

もし見つからない場合は、今日紹介する総合英語 Evergreenがおすすめです!

今回は英語参考書のForest と Evergreen について紹介したいと思います。

英語の参考書を探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

Forestの廃刊からEvergreenの出版まで


総合英語Forest 7th Edition

フォレストは、1999年に桐原書店より初版が刊行された英語の参考書です。中学・高校の授業でも愛用されており、学生に長年愛されてきました。

監修は同志社大学の元名誉教授・石黒昭博氏で、今日に至るまで7つの改正版が出版されています。

ただ2013年に7th Edition が出版されたあと監修の石黒氏が亡くなり、フォレストの幕が閉じることとなりました。

その後、フォレストで著者を務めていた川崎 芳人氏や久保田 廣美氏など計7名がそのままEvergreenの著者として制作に加わっています。

2016年にいいずな書店からEvergreenの初版が刊行され、フォレストに変わる参考書として注目を集めています。


総合英語 Evergreen

フォレストの特徴


ページ構成

Forest 7th Edition は全655ページあり、3つのパートで構成されています。

Part 1 これが基本

パート1では文法の基礎を学びます。イラスト解説もあるので初心者にも分かりやすいです。ここで基礎を固めることで文法の全体像を掴めますよ。 

Part 2 理解する

パート2では文法のルールが説明されています。例文も多く説明されているので、文法の核となる部分を理解できるでしょう。

Part 3 深く知る

パート3はさらに深い知識を深めていきます。文法以外にも慣用表現や注意点なども紹介されているので、中級者以上の人は必須で確認が必要です。

中学英語で分かりやすい

Forestの文法解説や例文に出てくる単語は、そのほとんどが中学英単語です。

なので、中学生から高校生まで読みやすく、理解しやすい内容になっています。

参考書は難しい単語で並べられると読む気が失せてしまいますが、簡単な英語だと「頑張って理解しよう!」って気になりますよね。

また、文法に関しても中学で習う文法はもちろんのこと、高校で習う文法まで網羅しているので大学受験まで活躍するはずです。

英語を勉強するにあたり基礎を学ぶことはとても重要なので、大人になってから英語を学びたいと考える人にとっても役に立つでしょう。

イラストとカラーが豊富

参考書内は、豊富なカラーとイラストで分かりやすく構成されています。

イラストは視覚でイメージしやすいため、文字だけで理解するよりも圧倒的に覚えやすいです。

特に脳の9割は視覚情報で処理されるといわれています。なので、インプットが視覚であればあるほど頭に入るというわけですね。

私は文字だけだとどうしても途中で飽きてしまうので、イラストが多いForestはとっても使いやすいのです。

英語を勉強している人の中には、同じように感じている人もいるのではないでしょうか。

そういう方にForestはとてもおすすめですよ。

ForestとEvergreenの違いは?


ForestとEvergreenの著者が同じということもあり、中身はほとんど同じです。

ただEvergreenには、Part4「確認する」が新設されています。

その点がForestとEvergreenの大きな違いといえるかも知れませんね。

なので、EvergreenはForestの8th Edition と考えていいでしょう。

Forestは廃盤になっていますが、まだまだ人気は衰えず在庫があるアマゾンや書店で購入する人も少なくありません。

これから新しく購入する人はどちらを購入するか難しいかも知れませんが、新しいパートが新設された以外に大きな違いがないことを覚えておきましょう。

大人が参考書を使うメリット


説明が分かりやすい

私が長年Forestを愛用している理由は、なんといっても分かりやすいということです。

ページ内はカラーで装飾されていて、押さえておきたいポイントが一目で分かりますし、

イラストで説明されている部分も多いので、文法を理解する上でとても役立ちます。

特に英語は時制を正しく理解するのが難しいですがイラストがあることで感覚的に覚えられます。

参考書内で使われている英単語も中学生レベルで、分かりやすいのも大きなメリットですね。

参考書において分かりやすく説明されているというのは、とても重要だと思います。

もちろん難しい英単語が使われていることで、新しい知識も得られますが、内容が難しいと理解するまでに時間がかかってしまいます。

なので、ForestやEvergreen以外の参考書を選ぶ際にも「分かりやすく説明されている」をひとつの目安にするのがおすすめですよ。

基礎文法が学べる

ForestやEvergreenで、基礎文法を学べます。

中学生や高校生であれば、授業で理解できなかった部分と並行して確認できる上にさらに知識を深めることも可能です。

大人の場合は、英語を仕事で使ったり、資格取得のために勉強したりする人以外に文法を勉強し直す人ってあんまりいませんよね。

なので、中学生や高校生で学んで覚えた文法が正しいと思い込んでいる場合も少なくありません。

でも意外に間違って文法を覚えている人も多いんですよね。

いざ英語の文法を解いた時に「正しい文法ってどうだったっけ?」と疑問になることも多いのではないでしょうか。

そんな時に役立つのがForestやEvergreenです。この参考書があれば、一から文法を学ぶことができます。

参考書内では文法がカテゴリーごとに分かれているので、確認したい部分だけ重点的に見れるのも嬉しいポイントですね。

例題をそのまま使える

全部のパートでは、内容に沿った例題が挙げられています。

基礎を学ぶパート1は比較的簡単で、パート3や4にかけて徐々に難しくなっていきます。

それらの例題はそのまま普段の生活の中でも使えるものも多く、応用すれば表現力も高まります。

例題の全てを暗記する必要はありませんが、意識して使うようにすることがおすすめです。

そうすることで、文法を理解できるだけでなく、スピーキングの向上も見込めますよ。

ForestとEvergreenのデメリット


ForestとEvergreenのデメリットはそんなにありませんが、唯一いえることは重いことです。

たとえば、Forest 7th Editionは665ページ、Evergreenは672ページあります。

昔懐かしい電話帳とまではいきませんが、英語辞書を常に持ち歩くイメージです。

学生であれば学校に大人であれば勉強する際に持ち歩かなければいけないので少し不便なのです。

その分知識が詰まっているということなのですが、やはり重いのはデメリットですよね。

その点を踏まえて購入するかどうか決める必要があるでしょう。

ForestとEvergreen はどっちがいいの?


結論からいうと、あなた次第です!

Evergreenにパート4が新設された以外、内容に違いはほとんどありません。

私は中学生から長年Forestを愛用してきたのでForestもおすすめですが、廃刊になったこともあり探すのは難しいかも知れませんね。

ただEvergreenをForestの8th Editionと考えると、これから購入する方には最適でしょう。

さや
さや

結局、どっち??

といわれそうですが 笑!

どちらも日本を代表する英語の参考書なので、自分の気になるほうを選ぶといいと思いますよ!

まとめ

ForestとEvergreenの参考書は、英語学習においてとても役に立ちます。

学生は授業と並行して文法を確認できますし、大人は文法を一から学べます。

問題を解くときも必ず疑問や分からないことが出てくるので、それらの確認用として使うのもいいですよね。

文法を正しく理解できれば、ライティングやスピーキング、リーディングなどあらゆる面で向上が期待できますよ。

参考書を購入する上でどちらを買うか迷うと思いますが、内容にほとんど違いはないので自分の好みで選ぶのがいいかも知れませんね。