オーストラリア観光ビザETASの申請方法を紹介します【めちゃくちゃ簡単です】

ビザ

こんにちは、さや(@sayablog1)です。

さや
さや

オーストラリアに訪問するのに、ビザ申請が必要だってこと知ってる?

恥ずかしながら、私はオーストラリアに行くまで観光でビザが必要なことを知りませんでした。。

なので、今回はオーストラリア観光ビザETASの申請方法を紹介したいと思います。

これからオーストラリア観光を予定している人は、ぜひ参考にしてくださいね!

ホテルは早めに予約しよう↓↓

『トリバゴ』

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト

『Booking.com』

世界のホテルを割引予約できる検索サイト

観光ビザETASとは

まず観光ビザのETASですが、オーストラリアの観光ビザで、オンライン上で簡単に取得できる電子ビザです。

通常のビザはパスポートにスタンプやシールを貼ってもらうのが一般的ですが、ETASの場合スタンプやシールなどはありません

オーストラリア移民局のシステムに情報が登録されるだけなので、従来のビザとは少し印象が違うかもしれませんね。

また、ETASの申請はオンライン上で対応しているので、大使館や領事館に行っても発行されないので注意しましょう。

観光ビザETAS取得条件

ETASを申請するにあたり、条件が設けられています。条件は下記のとおりになります。

  • 日本のパスポート所持者
  • 訪問目的が、観光、親族訪問、ビジネスミーティング、会議、展示会、イベント出席者であること
  • 1回の入国に付き 3ヶ月以内の滞在期間である
  • 健康である
  • 犯罪歴がない

上記の条件を満たせば、誰もでETASの取得が可能になります。

ちなみに、ETAS申請時にオーストラリアに滞在している場合は取得できないので注意が必要です。

観光ビザESTAの申請方法

方法①:オーストラリア政府移民局のWEBサイト

オーストラリア政府移民局のWEBサイトからETASを申請する方法です。公式サイトから申請すれば、騙される必要もないので安全性も高いですよね。

ただ注意しなければいけない点は、申請料金です。オーストラリア政府に対する申請料は無料ですが、システムに登録するための利用料金で20AUD(2019年時点で1400円ほど)が必要になります。

今回紹介する方法の中でも比較的高い申請料になりますが、先ほども伝えたとおり、公式サイトから申請できるので安心感は得られるでしょう。

方法②:日本の旅行会社に依頼する

日本の旅行会社に依頼する方法もあります。ただ、旅行会社の場合は、単体でお願いすることは難しく、航空券と一緒に依頼することが一般的です。

特に海外旅行が初めての人は分からないことだらけだと思うので、航空券を購入するときに日本の旅行会社を選ぶのも一つの手だと思います。

ただETASの申請料は旅行会社によっても異なっていますが、若干高くなる可能性があります。特に大手の旅行会社だと、公式サイトから申請するよりも申請料が高くなる場合がほとんどです。

コストを抑えたい人は、事前に確認することがおすすめです。

方法③:ETAS登録代行業者に依頼する

最後に紹介するのは、ETAS登録代行業者に依頼する方法です。比較的コストを抑えて申請できるので、この方法を選択する人も多い傾向にあります。

一般的には、ネットから申し込みをして、カード支払いをするのが一連の流れです。申請料も年々安くなっており、1000円以下の料金設定の業者も増加しています。

たとえば、

などのETAS登録代行業者があります。

ちなみに私は9月末にケアンズ旅行に行くのですが、その時に利用したのがビューグラントになります。3つの中では最安値でなんと500円でした!

観光ビザETASはいつまでに取得するべき?

ETASの申請にかかる期間は、最短で即日、遅くとも3日間くらいで完了します。なので、できれば渡航日の1週間前には申請しておきましょう。

結局、システム上での管理になるので、何か問題が発生した時に「なかなか観光ビザが取れない!」なんてこともあり得ます。

ビザが取れないと入国すら危うくなってしまうので、余裕を持って行動をするのが一番でしょう。

観光ビザETASの取得を忘れたら?

観光ビザETASの取得を忘れた場合ですが、その場で申請するように促されるケースが多いです。

申請手続きが終わるまで入国できないので、空港で無駄な時間を過ごすことになります。

また、緊急でビザを発行する場合、別途料金が発生することも多いので、コストもかかってしまいます。散々ですよね。。

もし何らかの問題で申請ができなかった場合は、入国できないこともあり得るので、必ず渡航前にビザを申請することをおすすめします。

まとめ

日本のパスポートって世界的に見ると、信頼が厚いので観光目的で訪問する場合、ほとんどの国でビザが免除されることが多いです。

なので、オーストラリアもビザなしで行けると思っている人が多いですが、それは大間違いです。

ビザの申請が遅れて入国できない場合や、航空券を買い直さなければいけないこともあり得るので、十分に気をつけましょう^^