【体験談】海外で日本人で良かったと感じたこと+エピソード付き

留学

こんにちは、さや(@sayablog1)です。

海外旅行や留学先で差別を受けることもある反面、日本人で良かったなと感じる場面もたくさんあります。

今回は、海外で日本人で良かったと感じたことを紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでも大人気のオンライン英会話↓↓

【DMM英会話】

1レッスン163円でマンツーマンレッスンが受講できるオンライン英会話です。今なら通常2回の体験レッスンが3回も受けられます!期間限定なので早めにチェックしてくださいね!

無料体験はこちら

海外で日本人で良かったこと 

礼儀正しくて謙虚な姿勢

海外の人は日本人の礼儀正しくて謙虚な姿勢を褒めてくれる人がとても多いです。

特に東北大震災の後に留学したロンドンでは、「あんな状態で暴動が起きないのは凄いね」と言われることが本当に多かったです。

私はその当時東京にいたので大きな被害を受けたわけではありませんが、なんだが日本人を誇らしく感じたのを覚えています。

どんなに苦境でも、周りの人を考えて行動できるというのは日本人の大きな強みなんだろうなと思いました。

綺麗好き

靴を脱いで家に上がる文化も相まって、日本人は綺麗好きな印象があるみたいですね。

これもロンドンの話になるのですが、シェアハウスを探していた時に「日本人歓迎」の文言を何度も見たことがあります。

中には、日本人しか受け入れないというシェアハウスもあったりしました。これは、日本人はキレイに使ってくれるという印象が強いんですよね。

私はニューヨークの留学中にアメリカ人女性と一緒に住んでいましたが、確かに片付けが苦手なんだろうなという印象です。

まあ、人にもよるとは思うのですが。。現在ニューヨークでコンマリがムーブになっているのも、片付けが苦手な人が多いってことを示してますよね。

若く見られる

これは海外旅行でも感じることもあるかもしれませんね。たとえば、お酒を飲むときにパスポートの提示を求められたりとか。

わざわざパスポートを提示するのは面倒くさいですが、若くみられることに対してはやっぱり嬉しいですよね。

私は語学学校で10才以上年齢差があるクラスメイトに、実際の年齢を言ったら絶句するほど驚かれたことがあります。

これは決して自慢をしているわけではなく、誰でも同じような反応をされると思います。

でも若く見られるってやっぱり嬉しいので、日本人で良かったと思う瞬間ですね。

日本食が有名

とにかく海外で日本食ブームが続いているので、至る所に日本食があります。

日本の食べ物が恋しくなったら、どこでも食べられるのでとても便利ですよね。

海外の人も日本の食べ物に対してヘルシーで健康志向な食べ物という印象があるので、積極的に食べる人も多いです。

あと、日本の料理を振る舞うだけでとても喜ばれるので嬉しいなとも思います。ちなみに、私はちらし寿司を振舞いました。

日本の緑茶とかお菓子とかでも、凄く喜んでくれるので仲良くなれるきっかけになると思いますよ。

英語習得の難易度が高いことを知っている

日本人が英語を習得するにあたり、どれだけ難しいかということを知っている人が多いです。

すべての人に当てはまるわけではないですが、特に語学学校の先生ですね。なので、質問に答えられなくても「気にする必要はない!」ということを常に言ってくれます。

フランス語やブラジル語は、英語に近い単語や発音が多いので、何となく意味を理解することができるんですよ。

ですが、日本を含めアジア圏の人は綴りも発音も全く違います。推測することすらできないので、理解するまでに時間がかかっちゃうんですよね。

なので、英語を喋れる日本人への評価が自然と高くなります。頑張った分だけ評価してくれるので、頑張り甲斐がありますよね。

海外で日本人に対するネガティブな印象 

日本人で良かったなと感じることは本当に多いですが、その一方でネガティブな印象を持つ人がいるのも事実です。

急に変わることは難しいかもしれませんが、意識するだけでも違います。留学を控えている人は、これから紹介することを念頭に置いて行動してみることをおすすめします。

すぐに謝る

すぐに謝る日本人は本当に多いです。実は私もそうでした。謝罪しているというよりか、色んな意味を含んでいるのでとても便利な言葉なんですよね。

特にアメリカ人は、謝罪することを嫌う人が多いです。なので、語学学校で「むやみやたらに誤ってはダメ!」ということをよく言われてました。

私もその当時は謝ることが癖になっていて、ついつい謝っちゃうんですよね。慣れってこわいですね。。

アメリカでは、すぐ謝っちゃう人は自信がないような印象を与えるみたいです。でも本当に悪いと思った時は、謝りましょうね。

主張しない

日本人は周りの空気を読む人が多いので、協調性を重視する人が多い気がします。

これは決して悪いことでは無いですが、海外では意見がないように思われちゃうんですよね。

たとえ、反対意見を持っていたとしても、自分の意見を伝えることはとても大切です。

日本では受け入れられない可能性は高いですが、海外… 特にアメリカだと一目置かれることが多いので、勇気を出して言ってみることをおすすめします。

まとめ

「海外では日本人で良かった~」と思うことが本当に多いです。アジアの中でも断トツで印象が良い感じですね。

これは本当に嬉しいことです。ただ一方で、ネガティブな印象があるのも事実です。

決して外国人と同じように振る舞う必要はありませんが、自分が良いなと感じる部分はどんどん吸収してしまいましょう。

そうすることで、人として成長できると思います^^